女優

1: 2019/03/23(土) 21:44:14.29 ID:sXthjsm99
ヌードは売れない女優の〝最終手段〟と捉える人も多いようだが、売れっ子でもヌードになっている女性は多数いる。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で大ブレークし、新時代の〝清純派〟の顔となった清野菜名。彼女は、2014年に公開された映画『TOKYO TRIBE』でヌードを披露していた。

no title

「清野は11年ごろから演技の仕事をしていますが、『TOKYO TRIBE』出演直前には、〝向いてないから女優は辞めよう〟と考えていたそうです。そんな中、園子温監督の目に留まり、見事ブレークしていくことになりました。清野がヌード仕事をしていたことを知ってショックを受けるファンもいるようですが、彼女としては『TOKYO TRIBE』は自分の人生に欠かすことのできない作品でしょうね」(芸能記者)

人気絶頂の中ためらわずに脱ぐ女優も
現在公開中の大ヒット映画『翔んで埼玉』で主演を張っている二階堂ふみは、昨年2月公開の映画『リバーズ・エッジ』でフルヌードの濡れ場を演じている。

2018080715122323f


「二階堂のヌードの衝撃的な点は、清野と違って駆け出しの時期ではなく、すでに大ブレークした後だったことです。16年1月から約1年10カ月、人気バラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のコーナー『ゴチになります』でレギュラーを務めた直後ということも、インパクトが大きかったですね。『ゴチ――』にはその後、二階堂と同じ枠に橋本環奈や土屋太鳳がレギュラーとして出演。彼女らがヌードを披露したら…と考えても、やはりとてつもない決意だったと思います」(同・記者)

満島ひかりは、すっかり大物女優の仲間入りを果たした後、17年7月公開の主演映画『海辺の生と死』でヌードを披露。満島は同作に企画段階から関わっており、「胸が大きい設定のヌードだったらどうしよう」と話すなど、ヌードになることに対しては特にためらいもなかったようだ。

no title

今後も、人気女優が突然ヌードを披露するかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/78800



【【画像】ヌードを披露してくた超売れっ子女優たち】の続きを読む

このページのトップヘ