紗倉まな

2: 2018/05/30(水) 20:43:25.80 ID:OaxNylwi0
紗倉まな @sakuramanaTeee

大阪に頻繁に来ているのに食したことがないということで、漸く「りくろーおじさん」デビューを果たしました。
出来立てホヤホヤのところを購入し、我慢できずに新幹線内でカブりついてしまった。
それにしてもヤバイ、おっぱいみたいだ...!!!これはチーズケーキではない。チーズおっぱい。

no title

no title


https://twitter.com/sakuramanaTeee/status/1001375324750278658

VR動画

【【画像】AV女優・紗倉まな、新幹線で「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」を我慢できずに食べる】の続きを読む

1: 2018/05/24(木) 18:18:55.50 0
紗倉まな
@sakuramanaTeee

裸との組み合わせ、大変良き。

no title

no title

no title

no title
 


【【画像】AV女優・紗倉まな、全裸にボディペインティングをするw】の続きを読む

8: 2018/05/10(木) 18:04:56.27 ID:YbiW9G7f0
紗倉まな @sakuramanaTeee
尻とテニス。 

no title

no title

no title




【【画像】AV女優・紗倉まな、全裸写真をTwitterに投稿する!】の続きを読む

1: 2018/03/06(火) 08:19:06.083 ID:JlL0Op/u0
AV女優・作家の紗倉まなが「週刊プレイボーイ」(集英社)2018年2月12日号に掲載された落合陽一との対談のなかで、こんな驚きの証言をしたのだ。

「一番イラッとすることは、何を言っても『肉便器』って言われることですね」
「以前言われたのは、『おまえいろいろ物事を多く語って、まるで文化人気取りだな』みたいな。
『肉便器は黙って脱いでろ』って言われたことがあって」

紗倉はこれまでに、AV女優を主人公にした『最低。』(KADOKAWA)、家族関係を題材にした『凹凸』(KADOKAWA)と、2作の小説を出版。
文学関係者からも非常に評価が高く、『最低。』のほうは昨年11月に映画化もされている。
また、エッセイ連載などで、家族問題や社会問題について語ることも少なくない。

先にあげた「肉便器」なる暴言は、彼女のそういった活動を指してのものだと思われるが、
あまりにひどすぎる最低な女性蔑視発言だ。
しかし、紗倉はこんな暴力的な差別にも、屈することなく、毅然と対峙している。

前掲対談のなかで紗倉は「AVをやってる人間が自我を出したりすると、興奮されにくくなるとか、こういう映画が出ると『どんな気持ちでAV見たらいいんだ』っていう声もありまして、確かにその心理もすごくよくわかります」と客観的な状況把握をしつつも、だからといって「肉便器は黙って脱いでろ」などという意見には一切与するつもりはないと語る。

「それでもAVの表現と書き物の表現はやっぱり譲れないところが強い軸として心の中にあって。
編集者の方とも、『ギャルっぽい口調に直すのやめてください』とか、バトルになるくらい話し合っています。
自分が妥協したくないことと、世間が求める商品価値ってものすごく差があるなと感じながら」

https://www.excite.co.jp/News/column_g/20180305/Litera_3842.html 

sakura_mana_5300-112s




【元AV女優・紗倉まな「肉便器と言われるのが一番ムカつく!」】の続きを読む

このページのトップヘ