風俗

1: 2018/04/30(月) 04:12:28.46 0
これ凄くね?
ちょっと金払えば好きなAV女優と出来るんだよ

5: 2018/04/30(月) 04:22:44.36 0
>>1
名前貸し多いけどな

吉原で森村ハニーさんにお世話になった
気の良い子だったな
oo17062927-morimura_honey-04s



【【画像】気になったAV女優検索したら風俗店に出勤してたwww】の続きを読む

1: 2018/01/21(日) 16:21:12.04 ID:vN1n3von0● BE:114013933-2BP(2000)
私は高校1年生のとき、突然学校へ行くことができなくなりました。

ギリギリで受かった進学校。
学力的には日々の授業についていくのが精一杯で、大量の課題や毎日の部活、
新しい友達や先生への気疲れなど、知らない間に全てがストレスになっていました。

担任の先生は「勉強ができないお前らはクズだ」って言ってた。
「学校選び間違えたかも…」と、心の中で思った。
進学校にいけば親は安心するし、私も将来安定。って思って進んだ学校。
なんとか粘って3年間頑張ろうって思ってた。きっと自分ならできると。

1年生の秋、毎朝教室へ行こうとすると頭痛がして、体ごとぺしゃんこに押し潰される感覚がした。
ある朝ベッドで目覚めた時に、頭の中でなにかが「プツンッ」って切れる音が聞こえた。
体調不良という名目で休んでいた私を心配してくれる友達からのLINEがあった
段々、減っていった。
学校で会っても話せなくなった。
陰で悪口を言われている気がした。

「嫌なことから逃げているだけ」「甘え」って思う人もきっといると思う。
いつもポジティブだった自分が嘘だったかのように思えた。毎日ワケも分からず泣いていた。毎日「死んでしまいたい」という気持ちでいっぱいだった。

しばらくは昼夜が逆転し、家に引きこもる生活が続いた。
周りの人の支えもあり、昼間はバイトをしながら行けそうな時には学校へ行く。という生活が高校2年生の夏からはじまった。
仕事で疲れて帰ってくるお母さんはいつも優しくて、決して私に「学校へ行け」とは言わなかった。

お母さんは誰よりも私の親友だった。
当時、周りの人たちから「頑張れ」と言われることや、人に会うことが恐怖に感じて
外に出ることがなによりも苦痛だった私を察していたかのように、いつも私を支えてくれた。

そんなある日、出会い系というものをみつけた。バイト先を変えても毎日同じルーティーン。
家にいるのも飽きてくる。そんな私にとって、出会い系はとても新鮮なものだった

最初はただの暇つぶしだった。
保育園生のころ、オナニーという意識はなく、男の子のおしっこをこっそり覗き見するのが好きだった。性欲は強いってなんとなく感じてた。
バイト先以外では男の人との交流は皆無だったので、常に新着メッセージが来ていて、それらのやり取りはすごく楽しく思えた。
チヤホヤされている感覚がたまらなかった。

そして、画面の向こうの人に会いたくなった。
薄々、体目当てだって分かっていたけど、それでもつまらない時間、誰にも必要とされてないって感じてた心の隙間が埋まっていくような感じがした。

私は処女を出会い系で知り合った人に捧げた。
ずっとSEXをしてみたかった。達成できた喜びで胸いっぱいで、処女のありがたみとかはよくわからなかった。
SEXをしている時、嫌なことをすべて忘れられた。

人に誇れる趣味も特技もなかったし、頭もよくない、運動もできない、すごくスタイルがいいわけでもない、
地味でブスなわけでも、可愛いわけでもない、微妙なラインの顔つき。
そんな私でも、SEXをするたびに名器だ。とか、フェラがうまくなったね。とか、喜んでもらえる事が嬉しかった。
認めてもらえてるような気がしてエッチなことが私の中でほんのすこし自信になってた。

いつからか東京に住みたい。と思うようになった。
どうせ高校へはほとんどいってないし、出席日数は足りなくて留年が決まってた。
だったらいっそのこと辞めてしまって、同級生とはちがうことをしてみようって思った。
色んな経験ができるって思ってた。そして、出会い系を使って男の人ともっと知り合ってSEXできるって考えた。
(単純すぎる… 高校生の私、怖…)

(続く)
http://blog.livedoor.jp/asadayuuri/archives/14587729.html 

no title

no title


【AV女優・浅田結梨 高校を不登校に→出会い系で処女を捧げる→18の誕生日に風俗の面接→帰りにAVにスカウト】の続きを読む

このページのトップヘ